インシデント・アクシデント、病院事故管理ソフトのこのことなら松浦産業まで

各種設定

 

それぞれのボタンをクリックすると、各説明にリンクします。

 

病院は複数登録することが出来ます。
一つの病院で複数の病院を管理することはあまり無いので、複数登録できることはあまり意味が無いかもしれません。通常は1病院だと思います。
名前以外は未記入で構いません。

 

ここでは、利用するデータベースを選択することが出来ます。

基本的にはSQLServerの方が性能がいいのでお奨めですが、設置が少し難しいので、ネットワークを使用しないで、一つのクライアントだけで動作させる場合で、よくわからない場合はMDB(初期設定)のままにしておいてください。
一度SQLServerに挑戦してだめな場合にMDBに戻していただいても構いません。
MDBでしばらく使っていて、将来的にネットワークで利用したくなった時に、SQLServerに変更することも可能です。

ここはあまり利用しませんが、ネットワークで別のクライアントからの接続に失敗した時に設定するところです。

 

 

表題とは各質問のタイトルのことです。
タイトルの名前を変更することも出来ますし、質問の形式も自由に設定することが出来ます。テキストでの回答を求める場合もあれば、選択での回答、数値での回答、日付・時刻での回答など、自由に設定できます。

 

 

☆ドロップダウンまたはラジオボタンでの選択式の回答を求める場合は
「記入と選択による入力」にチェックを入れ、
「選択式を利用する」にチェックを入れます。
選択の回答が複数ある場合は「複数選択」にチェックを入れます。
単一の場合はさらに、「ドロップダウンリスト」または「選択ボタン(ラジオボタン)」のどちらかを選択します。
その他を有効にする場合は「その他の選択を有効にする」にチェックを入れてください。

☆テキストでの回答を求める場合は
「テキスト回答を利用する」 にチェックを入れてください。このテキスト回答と、上記の選択回答は一つの質問で両方利用することが出来ます。選択させておいて、その詳しい内容を記述してもらうような場合に使います。

☆数値による入力
数値の場合はその単位(例えば年齢の場合は「才」など)を設定し、最大値と最小値を設定します。
この最大値、最小値はグラフを書く際などの基準となりますので、実際にありえる範囲で可能な限り小さな範囲にしておくことをお奨めします。例えば年齢の場合、最小値は0で、最大値は110くらいでしょうか。年齢で最大値を80にしてしまいますと、81歳以上の人を登録できなくなります。このあたりに注意して範囲を御設定ください。